自宅に飾るおすすめ絵画をホワイトボードに書いたときの話

ちょっとおしゃれなホワイトボードは自宅のインテリアアイテムとして最適です。
忘れたくないことや重要な予定などを気軽に書き込み消すことが出来ます。
いくつか用意しておくと生活や仕事など用途に応じて使えるので便利です。
しかし、時々使うようなホワイトボードは真っ白なままで
うまく利用できていないようなイメージになってしまいます。
ちょっとさみしいなと感じるときに、自宅に飾るオススメ絵画をまねて描いてみるとよいでしょう。
ちょっとおしゃれに見えますし、何がどのように描かれているかをじっくり見ることが出来るため、
絵に対しての知識も増えていきます。
こうした形でホワイトボードを利用することで、より絵画を深く楽しんでいくきっかけにもなるのです。

野球ユニフォームを着た少年

自宅に飾る絵画については油絵、水彩画、アクリル画などなど、
いろんな画材を利用したものがあり、これも趣味のわかれるところではあると思います。
また、絵画の内容も抽象画や具象画、肖像画、精密画など、
これも好き嫌いがわかれるところですね。
私が絵画をおすすめする場合はまず、このおおまかなくくりから選別していきます。
そしてより好きなモチーフへ近づけていくのですが、
例えば野球好きの方には、野球ユニフォームを着た少年の肖像画など
例えをあげて近づけていきます。

菅原一秀議員のミニ集会

少し前の話ですが、練馬区に住む友人の自宅を会場にして
菅原一秀議員を招いたミニ集会を行うと聞き、興味があったので行ってきました。
友人宅は1階の半分がギャラリースペース兼集会所のようになっており、
そこの絵画を観たかったのもあるのですが、
菅原一秀議員の「あなたの声を聞く会」というのも面白そうだと思いまして。
ちょうど豊洲問題や東京オリンピックの予算の問題、
小池都知事のことなど聞きたいこともたくさんあったので。
詳しくはまた。

スタッフ育成管理システムを必要とする会社

友人は様々なアプリケーションやソフトウェアを開発するチームでプログラマーとして働いています。
趣味のひとつに絵画鑑賞があるのでたまに一緒に美術館へ行ったりもするんですが、
その時の話題はだいたい仕事のことになります。
先日は開発中のスタッフ育成管理システムについて意見を求められたのですが、
感想としては、このソフトウェアを利用したい企業がたくさんありそうということ。
営業のし甲斐がありそうな良いシステムだと思います。

ライブチャットは札幌で?

友人から話を聞いてはじめて知ったのですが、ライブチャットってご存知ですか?
女性はまず知らないと思いますが、まあ、男性が女性と映像を交えてお話する仕組みのようです。
いろいろ試してみた友人によるとライブチャットは札幌がおすすめらしいですが、
まあ札幌に行くわけではないことは説明でわかりました。
ただ、出会いを求めて現地に行くこともあるそうで、
ライブチャットなのに札幌にいるというおかしなこともやってるようです。

農業経営と芸術家、二足のわらじ

農業経営を行いながら定期的に絵画の展示会を行う芸術家でもある友人がいます。
農業は1年中やることがある忙しい職業と言われていますが、
彼は自宅の離れにアトリエを構えており、毎日必ず筆をとる習慣があるそうで、
1年に1度は新作の発表を必ず行い、一定のファンもついているんです。
私もいつかは彼の作品を自宅に飾りたいと思っていますが、まだまだ私には手が出ないんです。
良い目標ですよね!私も稼げるように頑張ろうと思います。

探偵に東京で出会う確率は…

人口の多い東京では、様々なことが職業になると思います。
起業した友人の中でもなんでも屋さんというか、
御用聞きのような職業をフランチャイズで始めたり、
なんでも屋のフランチャイズがあるのも驚きですが…。
セミナーやサロンなどで初めて会う人には必ず職業を聞くことのしているのですが、
先日はなんと探偵をされているという方とお会いしました。
探偵に東京で出会う確率ってどれくらいなのでしょう。
画廊という場所で会ったことにも、なんだか縁を感じました(笑)。

電磁波防止を気にする前に…

わたしの知人の中には、資産価値の高い絵画を自宅にコレクションしている人も多いのですが、
過去に空き巣などの被害に遭うなど怖い目にもあわれているので
防犯対策はしっかりしている人ばかりです。
ですが中にはセキュリティーには無頓着な方もおり、心配な方もいるんです。
その人はブルーライトや電磁波防止についてはバッチリ対策しているのにもかかわらず、
セコムやアルソックなどには頼らないんです。
電磁波よりも防犯かと思うのですが…。

発泡スチロールで守られたオブジェ

先日、とある画廊で知り合った方のご自宅にお邪魔したんですが、
コレクター歴30年というだけあり、3階建てのご自宅の絵画や彫刻、
陶器などのコレクションが素晴らしかったです。
お邪魔したのは土曜日だったんですが、
ちょうど発泡スチロールに包まれたニューフェイスのオブジェが
美術品専門の宅急便で届きました。
自宅がさながら美術館のようで、毎日が楽しいだろうなとうらやましくなりましたね。
将来の目標ができました!

高級賃貸が仲介手数料無料と聞いたら?

自宅に絵画を飾りたいか、今後値が上がることを願って保管しておくか、
贅沢な悩みですよね。
先日TVで某有名画家の作品のコレクターが一生売るつもりはないという作品を
美術品倉庫に寝かせていると紹介されました。
私なら飾りたいですが。
いつも鑑賞したいと思わないのが不思議です。
さて、作品を飾るならスペースが必要ですよね。
絵画にふさわしい自宅を得たいといつも思っていますが、
高級賃貸が仲介手数料無料と聞いたら賃貸にしますか?
頭金0と聞いたら家を建てますか?