包茎を放置すると病気リスク増?包茎手術をすべき理由

カテゴリーアーカイブ: 治療記事

包茎手術をしないと発症しやすい包皮内結石の症状と治療法

投稿日: による

包茎の状態と発症しやすい病気

包皮が亀頭を包み込んでおり、亀頭を露出することができない状態が包茎です。通常乳幼児期を過ぎて陰茎が成長するとともに包皮が後退し、第二次成長後に皮がむけるようになってきます。第二次成長後にも陰茎の全体が皮で覆われたままの状態でいる場合が包茎です。包皮の口の部分が亀頭よりも小さく狭いために亀頭を露出できない状態が、真性包茎です。
包茎の状態を放置すると、亀頭と包皮の間に尿が入り込んで垢がたまります。不衛生な状態になっているので、陰茎と包皮が炎症を起こして癒着してしまうことがあります。癒着を繰り返すと出血をしたり、激しい痛みが伴います。また炎症を繰り返すことで、垢が硬くなる石灰化を起こして包皮内結石ができてしまいます。包皮内結石が起きると、触ったときに医師のようなかたいしこりが触れるようになり、場合によっては痛みを伴うこともあり、放置していても自然になおることはないので包茎手術などの治療が必要となります。

包皮内結石の治療と予防

包茎手術をせずに長期間放置していると、長期間にわたって亀頭と包皮の間に垢がたまり、炎症を繰り返すことによって垢が石灰化を起こして、陰茎の部分を外から触ると硬い石のような物が触れるようになる包皮内結石を起こします。包皮内結石は、治療をする場合に包茎手術を行って亀頭が露出するようにして、結石を取り除くことになります。包皮の口の部分から取り除くことが可能な場合もありますが、垢がたまる状態の場合には再び包皮内結石になる可能性が高いため、包茎手術をすることが治療でもあり、予防にもなります。
包茎内結石ができるまでには、垢がたまっている期間が長く、炎症や湿疹、かぶれなどが繰り返し起きています。真性包茎はもちろんですが、仮性包茎の人でも包皮内結石になる可能性があるため早めに包茎手術を行って予防することをおすすめします。包茎手術は男性専門のクリニックに行き、カウンセリングを受けて包茎手術の相談をすることがおすすめです。

まとめ

包皮と陰茎の間に垢がたまり、炎症を繰り返すことで硬い結石ができてしまうのが包皮内結石です。包皮内結石の治療には、包茎手術をして垢や結石を取り除くことが必要になります。包皮内結石の再発を防いだり、予防をしたりするためには包茎手術を行い、清潔を保つことが大切です。真性包茎だけでなく仮性包茎の場合にも包皮内結石ができる可能性があるので、男性専門のクリニックのドクターに相談して、早めに包茎手術を行いましょう。

包茎手術をしないと発症しやすい亀頭包皮炎の症状と治療法

投稿日: による

包茎手術をしないと発症しやすい亀頭包皮炎の症状

包茎手術をせずに放置していた場合には、さまざまな病気に悩まされる可能性が発生します。その一つに亀頭包皮炎と呼ばれる病気があります。性感染症の一つなのではないかと思う人もいますが、人間と人間で感染するわけではないので、性感染症とは異なります。原因としては亀頭部分に雑菌やカビなどが感染することにより発症するものです。症状は皮膚が赤みをおびたり、ニキビのような赤い斑点が出る、ただれが生じるなどのケースが多く見られます。場合によっては痛みやかゆみを伴うこともあるでしょう。これは人間だけではなく動物にも発症する可能性がある皮膚炎です。
具体的な症状としては、包皮と亀頭の間にかすがたまって、ここから細菌が繁殖し炎症を引き起こすものです。赤く腫れ上がると激痛を伴うこともあるでしょう。特に包茎手術を行わずに放置している真性包茎の人がこの病気を患ってしまうとやっかいです。包茎手術が行われていない状態であると、細菌が繁殖するためにちょうど良い湿度と温度を保つことにもなるので、炎症が広くなる可能性も高まります。

包茎手術をしないと発症しやすい亀頭包皮炎の治療方法

まず最初に亀頭包皮炎の診断は、炎症を起こしている部分から綿棒などを使い菌を採取して行います。菌を培養することで付着していた菌が判明するため、亀頭包皮炎であるかどうかを診断することができます。
治療方法としては、無理のない範囲で包皮を剥いて中から膿を出します。除菌や消毒が行われた後に、抗生剤入りの軟膏を塗る方法が一番一般的な治療方法です。炎症が強すぎるようであれば、抗生剤を内服することになるでしょう。手で包皮を剥いたとしても痛みがあり、亀頭が顔を出してこない症状を真性包茎と呼んでいますが、この状態では炎症が再発する可能性も高まります。亀頭が包皮に覆われている状態が長く続けば、包皮と亀頭の間には恥垢と呼ばれる垢がたまっていきます。この垢は尿でも汚染されやすく、細菌が感染しやすくなっています。そのため衛生状態には十分に注意しなければなりません。何度も繰り返し発生する場合には、包茎手術を検討することになるでしょう。

まとめ

このように亀頭包皮炎の症状は、皮膚の赤みやにきびのような赤い斑点、ただれなどの症状であることがわかります。その原因のほとんどが包皮と亀頭の間にかすがたまることなので、常に衛生状態をよいものに保っていかなければなりません。たとえ症状があらわれなくても、衛生的にもあまり良いものではないので、亀頭包皮炎にならなくても包茎手術は一度検討しておいた方がよいでしょう。包茎手術は皮膚科などで相談することが可能です。

包茎手術をしないと発症しやすい陰茎癌の症状と治療法

投稿日: による

陰茎癌とはどのような癌なのか

陰茎癌という悪性腫瘍について、多くのことを知っている人は少ないのではないでしょうか。陰茎癌とは、陰茎の皮膚原発の腫瘍であり、皮膚癌のような悪性腫瘍だと知られています。最初は亀頭の皮膚が陥凹したり隆起したりすることがあり、進行すると離れて見ても分かるくらいに陰茎の形の変化として現れます。進行した陰茎癌ではカリフラワーのような形状になることもあります。
陰茎癌の症状としては進行すると痛みを伴ったり、尿道を圧排することによって排尿障害が現れることがあります。また、癌を放置して進展すると鼠径部にあるリンパ節を介して、あるいは血管に侵入することによって遠隔転移する可能性があり、侮れない悪性腫瘍です。原則、治療は外科手術になりますが、陰茎を切除しなければならないケースもあるため、陰茎を保存したい場合には化学療法や放射線を患部に照射する、という治療法を選択するケースも近年増えてきました。

包茎をそのままにしておくと癌になるかもしれない

包茎をそのままにしておくと、陰茎癌のリスクが高くなってしまう、ということをご存知でしょうか。陰茎癌は陰茎に対して継続して刺激が与えられることが原因で出来やすくなりますが、真性包茎だと包皮内に恥垢が溜まってしまうことで感染のリスクが高まります。皮膚への感染が起こると発赤したり、ヒリヒリとした感覚があるのですが、これが普段は包皮に覆われている亀頭への刺激となって、発癌原因となるのです。
陰茎癌の発生を予防するために、真性包茎の方であれば包茎手術を受けたほうがいいでしょう。包茎手術によって亀頭を包皮から解放することで、陰茎を隅々まで洗えるようになることで清潔に保ち、感染リスクを引き下げることが出来ます。包茎手術によって亀頭が露出するようになると、亀頭表面は乾燥するので、湿った環境が好きな細菌の増殖を抑制することが出来るようになります。包茎手術で陰茎の環境を改善することが出来て、陰茎癌の発生まで抑えられます。

まとめ

陰茎癌は、進行してしまえば陰茎を失ってしまうような恐ろしい悪性腫瘍です。しかし、真性包茎などのリスクファクターに関して言えば包茎手術によって取り除くことが出来ます。たかが包茎、と思わず、将来的に陰茎癌になってしまう可能性があることも理解した上で、真性包茎を治療するために包茎手術を受けましょう。包茎手術をすれば、陰茎癌の発生を予防することが出来て、将来的に陰茎を失ってしまうリスクを回避することが出来るはずです。

包茎手術をしないと発症しやすい尖圭コンジローマの症状と治療法

投稿日: による

包茎手術をしないと発症しやすい尖圭コンジローマの症状

包茎を放置することにより、様々な病気や症状に悩まされる可能性があるでしょう。包茎手術をしなければ発症しやすい症状の一つに、尖圭コンジローマが挙げられます。尖圭コンジローマとはどのような病気なのかというと、肛門や性器の周りにイボができる病気をさしています。イボができる部位は、男性の場合には亀頭の先端部分や環状溝と呼ばれる部分、包皮の内側や外側、陰嚢、肛門の周りなどがあげられます。
発症するイボは白やピンクのものもあれば、黒っぽい茶色や黒色など様々で、大きさは直径1ミリから3ミリ前後が多く見られます。イボの形状にも様々なものがあり、乳頭状になっているものもあれば、カリフラワーのような形になることもあります。尖圭コンジローマは自覚症状はほとんどないものだと言われているものの、場合によってはかゆみや痛みが生じるケースも見られます。原因はウイルスによるものであり、性行為やそれに類似する行為によって、皮膚や粘膜などにある小さな傷にウイルスが侵入して感染することになります。

包茎手術をしないと発症しやすい尖圭コンジローマの治療方法

尖圭コンジローマにかかったことがわかると、なぜ自分が感染してしまったのか、だれに移されたのかと思い悩む人も多いものです。尖圭コンジローマの原因となるウイルスは、性行為を通してだれにでも感染する可能性があるウイルスです。原因を追求するよりも、早めに医師の診察を受けることが大切です。男性の場合には泌尿器科や皮膚科などに相談するのが一般となります。治療方法としては、外科的療法と薬物療法の二つがあります。外科的療法は電気を使用したものや凍結療法、レーザーなど様々です。薬物療法において使用する薬も様々で、どの薬を使用するかは、イボの数や大きさ、治療に対する反応などを考慮して、総合的に判断されることになるでしょう。
包茎手術を受けなければ尖圭コンジローマを発症するリスクは高まります。包茎手術を受けないことによって治療に時間がかかったり、再発を繰り返すこともあるでしょう。そのために包茎に対する治療としては、包茎手術を行うこともあります。

まとめ

尖圭コンジローマは性交渉を介して感染する病気であることから、パートナーの治療も重要となります。どちらかが感染することによって再発をくりかえすのを防ぐためにも、本人だけではなく、パートナーも一緒に治療を行うことが望まれます。また包茎であることがリスクを高めることにもなるので、包茎で悩んでいるのであれば包茎手術を検討することも重要です。包茎手術に対してネガティブなイメージがある人も多いかもしれませんが、しっかりと自分の体に向き合っていくようにしましょう。