陰茎癌とはどのような癌なのか

陰茎癌という悪性腫瘍について、多くのことを知っている人は少ないのではないでしょうか。陰茎癌とは、陰茎の皮膚原発の腫瘍であり、皮膚癌のような悪性腫瘍だと知られています。最初は亀頭の皮膚が陥凹したり隆起したりすることがあり、進行すると離れて見ても分かるくらいに陰茎の形の変化として現れます。進行した陰茎癌ではカリフラワーのような形状になることもあります。
陰茎癌の症状としては進行すると痛みを伴ったり、尿道を圧排することによって排尿障害が現れることがあります。また、癌を放置して進展すると鼠径部にあるリンパ節を介して、あるいは血管に侵入することによって遠隔転移する可能性があり、侮れない悪性腫瘍です。原則、治療は外科手術になりますが、陰茎を切除しなければならないケースもあるため、陰茎を保存したい場合には化学療法や放射線を患部に照射する、という治療法を選択するケースも近年増えてきました。

包茎をそのままにしておくと癌になるかもしれない

包茎をそのままにしておくと、陰茎癌のリスクが高くなってしまう、ということをご存知でしょうか。陰茎癌は陰茎に対して継続して刺激が与えられることが原因で出来やすくなりますが、真性包茎だと包皮内に恥垢が溜まってしまうことで感染のリスクが高まります。皮膚への感染が起こると発赤したり、ヒリヒリとした感覚があるのですが、これが普段は包皮に覆われている亀頭への刺激となって、発癌原因となるのです。
陰茎癌の発生を予防するために、真性包茎の方であれば包茎手術を受けたほうがいいでしょう。包茎手術によって亀頭を包皮から解放することで、陰茎を隅々まで洗えるようになることで清潔に保ち、感染リスクを引き下げることが出来ます。包茎手術によって亀頭が露出するようになると、亀頭表面は乾燥するので、湿った環境が好きな細菌の増殖を抑制することが出来るようになります。包茎手術で陰茎の環境を改善することが出来て、陰茎癌の発生まで抑えられます。

まとめ

陰茎癌は、進行してしまえば陰茎を失ってしまうような恐ろしい悪性腫瘍です。しかし、真性包茎などのリスクファクターに関して言えば包茎手術によって取り除くことが出来ます。たかが包茎、と思わず、将来的に陰茎癌になってしまう可能性があることも理解した上で、真性包茎を治療するために包茎手術を受けましょう。包茎手術をすれば、陰茎癌の発生を予防することが出来て、将来的に陰茎を失ってしまうリスクを回避することが出来るはずです。