包茎手術をしないと発症しやすい亀頭包皮炎の症状

包茎手術をせずに放置していた場合には、さまざまな病気に悩まされる可能性が発生します。その一つに亀頭包皮炎と呼ばれる病気があります。性感染症の一つなのではないかと思う人もいますが、人間と人間で感染するわけではないので、性感染症とは異なります。原因としては亀頭部分に雑菌やカビなどが感染することにより発症するものです。症状は皮膚が赤みをおびたり、ニキビのような赤い斑点が出る、ただれが生じるなどのケースが多く見られます。場合によっては痛みやかゆみを伴うこともあるでしょう。これは人間だけではなく動物にも発症する可能性がある皮膚炎です。
具体的な症状としては、包皮と亀頭の間にかすがたまって、ここから細菌が繁殖し炎症を引き起こすものです。赤く腫れ上がると激痛を伴うこともあるでしょう。特に包茎手術を行わずに放置している真性包茎の人がこの病気を患ってしまうとやっかいです。包茎手術が行われていない状態であると、細菌が繁殖するためにちょうど良い湿度と温度を保つことにもなるので、炎症が広くなる可能性も高まります。

包茎手術をしないと発症しやすい亀頭包皮炎の治療方法

まず最初に亀頭包皮炎の診断は、炎症を起こしている部分から綿棒などを使い菌を採取して行います。菌を培養することで付着していた菌が判明するため、亀頭包皮炎であるかどうかを診断することができます。
治療方法としては、無理のない範囲で包皮を剥いて中から膿を出します。除菌や消毒が行われた後に、抗生剤入りの軟膏を塗る方法が一番一般的な治療方法です。炎症が強すぎるようであれば、抗生剤を内服することになるでしょう。手で包皮を剥いたとしても痛みがあり、亀頭が顔を出してこない症状を真性包茎と呼んでいますが、この状態では炎症が再発する可能性も高まります。亀頭が包皮に覆われている状態が長く続けば、包皮と亀頭の間には恥垢と呼ばれる垢がたまっていきます。この垢は尿でも汚染されやすく、細菌が感染しやすくなっています。そのため衛生状態には十分に注意しなければなりません。何度も繰り返し発生する場合には、包茎手術を検討することになるでしょう。

まとめ

このように亀頭包皮炎の症状は、皮膚の赤みやにきびのような赤い斑点、ただれなどの症状であることがわかります。その原因のほとんどが包皮と亀頭の間にかすがたまることなので、常に衛生状態をよいものに保っていかなければなりません。たとえ症状があらわれなくても、衛生的にもあまり良いものではないので、亀頭包皮炎にならなくても包茎手術は一度検討しておいた方がよいでしょう。包茎手術は皮膚科などで相談することが可能です。